ジャポ札幌

11月14日 山本くんBirthday公演wの為に、遠路遥々札幌へ。
そう、嵐2015ツアー、Japonismです。

生憎の天気でしたが、思ったほど寒くはなく…
会場のトイレ列にはうんざりしましたが。

今回もペンラ、団扇など持たず双眼鏡とお友達です。
手荷物はチケと双眼鏡さえあれば良い。

正直、自分が見たい彼等の姿が嵐バックにあるかと言うと複雑なところで。
でも、長年バックに付かせて貰ってるから、プライドと言うか、卒業となったら、それはそれで悔しい…みたいな複雑な心境で参加しました。大スターと共にステージに立てる喜び!みたいなものも共有したいし。


バックが嫌だとか、そう言うことではありません。


スポットライトの当たらないようなポジションでも、しっかりと自分の仕事をやり遂げる人達だと、個人的には思っていますが。

例えば、shockや他の舞台では、メインキャストに近いポジションだったり、役割を与えられていて、それこそ歴史ある劇場の素晴らしいステージに立ったり。
そんな仕事を見た後だと、なんだろう。
恐らく殆どの人に見てもらえないだろう花道でテロテロな衣装で踊っている姿を見て切なくなることも過去にはありました。

舞台には欠かせない人達!と言われるのも有難い。
でも、キラキラなアイドルでもいて欲しい。
だから、先輩のコンサートのバックでアイドルらしい姿を見せてくれるのも嬉しい。
だけど、複雑…みたいなww

そんなことを思いながら向かいました。


公演中、時々切なくなることもありましたが、Birthday Boy、輝いてました。
素敵でした。

やっぱりアイドルらしい姿も良いなぁ…って。

愛を叫べ、可愛かったなぁ…とか、
マスカレード格好良かったなぁ、とか、
色々。
色々ありましたが。

ステージに立っていてくれてありがとう。
踊っていてくれてありがとう。

おめでとう(;_;)

みたいな気持ちでww


美しくて儚くて切ないなーと思いながら帰りましたw

結局センチメンタルな札幌遠征でした\(^o^)/