They武道と一緒に盛り上げてくれる仲間達。

シアタークリエでの単独公演。


現状、一年に一度しかないこの機会。
その機会さえも今年は与えられないのでは?と思っていた。
2月、ジャニ銀詳細メールに、 ユニットの名前を見つけて一安心。
今年も、Theyのクリエに行ける…!(いや、この時点で行けると決まったわけではないw)

2014年の初単独、飛行機をテーマにした2015年、どちらも素晴らしい公演だった。
だからこそ、今年の公演が怖かった。でも、大丈夫、Theyなら。

風の噂で、バックに○○がいるらしいよ?なんて耳にしたのは4月。
いやいや、そんなまさか。
過去にメイン公演やってたJr.がTheyのバック?
後輩ではあっても、TheyよりTV露出も多い。Jr.担からの知名度も高いだろう。そんな人達がTheyのバック?
今年の公演はメインがユニ括り。きっと推され無所は何処かしらに出ることにはなるだろう、でもTheyより知名度ある後輩がバック?どうなる?って不安だった。お互いにとって良くないんじゃ?って。

5月。すのクリエに謎のゲスト制度。
Theyはどうなるんだろう、もう誰が来ても仕方ないよね、乗っ取られなければ良いや。寧ろ、Theyが推されJr.のバックだったらどうしよう、名ばかりの単独公演だったらどうしよう、どうしようどうしようどうしようってどうしようお化けになってた。

そして、運命の5/24。
They武道、3年目の単独公演初日。
仲間としては大好きな幸大さんがいること、勿論幸大さんをバックとして出すとは思えないから、どうなるんだろうと不安だった。どうしようお化けは開き直って、もうどうにでもなれって思った。
開き直ってはいたけど、幸大さんは大好き。だけど、何かバランスが崩れてしまうのでは?って勝手に不安に感じてた。
でも、幕が開いて、それが杞憂だったってわかって。
幸大さんありがとう!!
素敵なオーナーでした。



今年も良い公演でした。
ちゃんとThey武道のジャニーズ銀座だった。

一緒に盛り上げてくれる仲間も、どうなることやら…と思っていたけど、本当に素敵な人達でした。勝手に苦手意識持ってた子もいるけど、印象変わった!好き!単純ww
昨年もそうだけど、あまり関わったことが無いから知らない、イメージだけで苦手意識持ってたりすることもあるけど、同じステージに立つと皆、良い子!って印象が変わる。
たまーに、同じステージ立って印象悪くなる人もいるけどw



一緒に盛り上げてくれた仲間達が、Theyの公演楽しかった!って思ってくれれば。
一緒に盛り上げてくれた仲間のファンの人が、Theyの公演楽しかった!って思ってくれれば。


過去にメイン公演やって来たのんちゃん。後輩ではあるけれど、ぬんぼとしても活躍して知名度も高い。のんちゃんはTheyのバックやったらダメだよ、そう思ってた。そんなのんちゃんがTheyのサポートをしてくれてる。色んな想いがあるだろうけど、複雑だよねぇ??ファンの人も。見学に来てるすのまんは何を思ったのか、お互いに何を感じたのかって勝手に悶々とした。でも、実際ステージを見たら、出てくれて有難いと思ったし、のんちゃんの気配りや盛り上げ方、立ち居振る舞いに感謝しています。


そして、松松。2人も過去にはメイン公演をやっていて。若いJr.には詳しくないけど、きっと最近は環境が変わっているのだろうなってことはわかる。悔しい思いしてるだろうなって。Theyのバックで大丈夫?って思った。数年後にTheyのバックは屈辱だったなんて言ったらどうしようって勝手に心配した。
過去には自分達のメイン公演やってるのに、今年は殆どメディアに出ない、ジャニヲタにも知られていないようなユニットのバック。
誇れることが歴が長いくらいしかない、と言われてしまうような先輩達のバック。(disってるわけではないです、卑屈になってるだけ)
複雑ですよね…
年齢も在籍年数もかなり離れてるから、割り切って先輩のバックと考えれば良いのかもしれないけど。

ほら、怖いお兄さん達だし、上手くやれるのかってことも心配したw
でもステージ上では、構ったり構われたりしながらキャッキャッしてる姿を見ることが出来て一安心。ステージ一歩降りたら殺伐としてたらどうしよう、でもそれはそれで面白いかも…なんて。
普段一緒に仕事することのないメンバーだから、アラサーのベテランJr.の仕事振りと言うか、ステージの作り方と言うか、何か感じてくれれば良いなぁって。例え、それが墓場には行きたくない、こうはなりたくないって思いだとしても\(^o^)/

松松ファンの方がTheyクリエ楽しかった、初めてちゃんとThey見たけど歌も踊りも凄かった!みたいな感想を述べられていると、でしょ?でしょ?って嬉しくなったり。


他の3人(纏めて申し訳ない)もMCで、素敵な話題を提供してくれたり、要所要所で盛り上げてくれて。

クリエのステージは広くないから、10人じゃ狭いよ…と思ったけど、10人いれば10人の魅せ方、フォーメーションで勝負してきて。
この10人強い!と感じたステージでした。


来年もジャニーズ銀座があるのかわからないけれど、何かしらこんな機会があったら、
今年よりはソワソワしないで穏やかな気持ちで臨みたい…
同じメンバーでやることはないだろうから、それぞれが最善な環境で、ステージに立てれば。



そして、そして、大事なこと。

そこにいてください。

次のステージも、そこにいてください。




あ、セトリとか演出とか内容に触れずに長々と\(^o^)/
それは、また、改めて…