ジャニーズ銀座2016 They武道公演。

シアタークリエで開催されていたジャニーズ銀座。単独公演3年目のThey武道。今年のテーマは遊園地だ。入場時にワンデーパスポートが配布される、ファンには嬉しいプレゼントが。
幕が開くと、そこにはThey LANDのオーナーに扮した松本幸大が。6人のJr.が旗を振り、They LAND開演のセレモニーでファンを迎える。
そして、ステージ中央にThey武道が登場。
They武道らしいアクセントダンスから始まり、一曲目はSUMMARY。Jr.を従え、キレの良いダンスでThey武道の世界を表現。更にLe ciel〜君の幸せ祈る言葉〜ではメンバーカラーの布を纏いながら幻想的な曲の世界へと誘う。Jr.と共に通路に登場してThey LANDのpartyへファンを招待したWelcome to our party。続くBattleでは、一斉にシャツを肌けさせワイルドに演出。客席のボルテージも最高潮に。
愉快で楽しいパレードを表現したのはキミアトラクション。Monsterでは不気味でどこか紳士的なお化けの世界観が。GUTS!、Fighting Manなどお馴染みの曲で盛り上げ、無音からのアクセントダンスで始まるIn Factでは激しいダンスでファンを釘付けに。They LANDは緩急様々なアトラクションでファンを魅了する。
ソロコーナーでも各自の個性を発揮。山本はアロハシャツに首からレイを下げSUMMER TIMEをポップでキュートに演出。アカペラから始まるソメイヨシノで伸びやかな歌声を聴かせたのは林。江田は紫の布を纏い、和装のJr.を従えて1582を妖艶に魅せた。
MCコーナーでは天然で自由な山本、冷静にツッコミを入れる林、そして江田扮するキャラクターつーよさんが登場。更に松本、6人のJr.も登場して賑やかに進む。
後半は昨年の公演からSky’s the Limit〜クルトン〜Sakuraをメドレーで披露。松本も加わりHONEY BEATでhappyな空間に。愛のMelody、愛を叫べではファンも大合唱でメンバーの『歌って!』の呼び掛けに応える。本編ラストはGood-bye,Thank youでファンに感謝の気持ちを届けた。
鳴り止まないコールの中、アンコールではお馴染みのYes?No?を披露。空のスクリーン-rainbow in my soul-ではファンに風船のプレゼントも。昨年の公演で偶然生まれた奇跡のコール、『みんなはThey武道のもの、They武道は?』と山本が呼び掛けると、客席が『みんなのものー!』と応える。メンバーも客席のファンも笑顔だ。
They武道とファンが一体になり、幸福感に満ち溢れた公演であった。単独公演初年度にファンへの感謝の気持ちを手紙にして届けたThey武道。『素敵な景色を一緒に見て行きましょう!』その言葉通り、今後もどのような景色を見せてくれるのか、They武道が創り出す世界から目が離せそうにない。