Theyクリエ2015

They武道クリエ2015の個人的記録。

幸せな時間は過ぎるの早いよねって、江田さんが言ってたけど、本当にその通り。
思い出すだけで涙ぐんでしまいます。

昨年のクリエが、彼らのやりたい事、私たちが見たいこと。そのバランスが最高で、他の公演見てないから何とも言えないけど、他ファンの方からも評判が良くて。そりゃ初単独ですから、多少甘い評価もあったかも知れない。だから、今年は絶対に失敗できなくて。しかし、歌舞伎の千秋楽の2日後には当日と言うスケジュール。大丈夫?って不安もあった。勝ち負けではないけど、ユニットの括りではなく、寄せ集めメンバーの公演よりメンバー間の結束と言うか付き合いも長いし、だから中途半端なものは見せられないし、グループとして最高なステージを絶対に見せなきゃいけない。って当事者でもない私が勝手に心配してた。
その心配も不安も杞憂に終わりましたがw
勝ち負けではないけど、今年も素敵なステージでした。ちょっと直して欲しい部分もあったけど。

搭乗アナウンスからお立ち台前に集合してステージへ。スカミリのイントロ。
もうこの時点で、良いステージになるって確信した。
ダンスも素晴らしくて、見たかったステージはこれだ!って思った。

それぞれのソロも個性が強くて。
昨年の日替わりメドレーに続いてまさかのスタンドマイク。
シュールだし、あまり声出てないし大丈夫か?と思ったりも…え?と思ってからのラブユア!こちらは山本さんらしいダンス。バックの使い方も絶妙で。
2010年の亀梨さんバックでやったプラティアを思い出したり。

林くんは流石の歌声。アカペラで歌ってる時は客席のペンライトの波も完全に止まってて、皆見入ってる。

江田ちゃんバンドも可愛いヴォーカルで素敵でした。猫中毒にプラティア、今年はどう来るのかと思ったら。

振り付けや演出で外せないのはクルトン。
世界観素敵だった。違う世界に迷い込んだみたいな、ヒトではない、何か。みたいな。
これは映像で見たい。

They武道らしい格好良いダンスナンバーと言えば、
ZERO-G、DEAD OR ALIVE、sakura、Fighting Man…

DEAD OR ALIVEは去年のFace Downを思い出すダンスからスタート。これが素晴らしい。
アクセントダンスとか大好きで!
これも絶対に映像で見たい。

sakuraはシルエットダンスでスタート。途中で桜吹雪が待ってて、歌舞伎も思い出したりしながらまた泣ける。
ラスト公演ではsakuraで既に泣きそうな顔してて、泣く歌じゃないよと思いながらw

もし、少クラとかで各ユニメドレーやらせてくれるなら、スカリミで爽やかに→クルトンであざとく異世界に→DEAD OR ALIVE…か、sakuraで得意のダンスアピールして欲しいなぁなんて思ったり。


国際フォーラムでやりたいとか、武道館でやりたいとか、ツアーやりたいとか、大きいこと言い出しちゃって。
デビューしたいとか、こうなりたい、ああなりたいって、具体的なことは言わない彼らだけど、彼らが連れてってくれるOur dreamに一緒に行きたいと思ったし、正直いつまで事務所にいてくれるんだろうって不安に思うこともあるけど、飛行機乗っちゃいましたから。命預けたようなものですから。
責任取ってくださいね。

山本くんは前から先のことは言わない人で。
2010年の滝チャンでも1人CM!とか言っちゃって。
昨年もツアーやりたい!って二人が言ってても乗らないのよね。
そして、今年も。
目標とか夢とか明確に何を考えているのかなんてわからないし、他のメンバーよりそう言う事言わない人だし。
だけど、グループのことが大好きなのは凄い伝わる。
眉毛が八の字になって、今にも泣き出しそうな顔見てると良いなぁって。
私、このグループが大好き!って思える。


表情と言えば、光一さんからのメッセージでshock代役の打診があった時の話。
照れたような困ったような表情してて。
しゃしゃるし、カメラ大好きな目立ちたがりだけど、自分のことをあんな風に話されるの本当に苦手だよね。
あと、客席登場も苦手だと思う。キャラ作って保ってるんだと思うw

それから、江田さんがキャラ変したのかとw
って言うわけじゃないけど、普段ふわふわみたいなキャラしてるけど、普通に男だった。
特にバック四人と接してる時の雰囲気が普通に男の先輩。
怖くて厳しい江田先輩が好きです。



何だかグダグダ書いててまとまらないけど、今日も明日もThey武道ってグループが好きってことは変わらない。これからも彼らのステージを見ていたいと思える公演でした。

デビューだとか関係なく、彼ららしい姿でいて欲しいなぁ…と。


素晴らしいステージをありがとう。